生活

七草がゆのあれこれ!意外と知らない起源や歌の意味 食べる時間は?

投稿日:2016年10月29日 更新日:

セリ、ナズナ、ゴ(オ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。

最近めっきり馴染みが薄くなった「七草がゆ」。みなさんのご家庭では食べてますか?

私はここ〇十年というレベルでお目にかかっていません(笑) たぶん子供のころ以来ですね。

結構若い皆さんでも「七草がゆ」の存在は知ってますが、食べた方は少ないのでは。

大人の方も、意外と由来や”あの歌”の意味まで知っているのは少数派だと思います。

今回はちょっと、「七草がゆ」のあれこれ疑問を解決。

スポンサーリンク
  

七草がゆの意味 その起源は?

いつ頃始まったのでしょうか?江戸時代? いえいえ、もっと古くにさかのぼります。

もともとはお隣の中国伝来の風習で、平安時代中期に日本に伝わり始まったとされています。

中国では「六日年越、七日正月」といわれ、7日が一つの節目とされていました。

この7日を人を占う「人日(じんじつ)」と呼んで、7種の野菜(野草)を温かい汁物にして食べ、「邪気を避ける」という習慣があったそうです。

日本では小正月(1月15日)の「小豆粥(あずきがゆ)」の影響から、室町時代に入って中国での汁物を食べる習慣から日本独自の粥へと変化していったと考えられています。

ですから、七草がゆの原型はあの”一休さん”が活躍していた時代くらいから始まったのですね。

七草がゆの意味 歌ってなあに?

七草がゆの歌ってご存知ですか?

「七草ナズナ、唐土の鳥が渡らぬ内にトントントン」

この歌は「七草ばやし」といわれているものです。ある地方では、この歌を包丁で七草を刻む時に7回歌いながら刻むのが風習だそうです。

この唐土の鳥(とうどのとり)って何のことでしょうか?

今でもそうですが、渡り鳥がウィルスを運んできますよね?(鳥インフルエンザとか)日本より西に当たる中国等(唐土)からくる渡り鳥を指していると考えられます。

スポンサーリンク

これに相まって鳥追いの別の行事が七草に結びついた呪詞として、害鳥を追い、疫病の流行せぬまじないとして唱えられるようになりました。

七草がゆを食べて免疫力を高め、流感が発生する前に対応しようと考えた先人の知恵ですね。

七草がゆの意味 食べる時間に拘りは?

あなたは”朝派”ですか?”夜派”ですか?

もちろん、七草がゆの話ですが。どっちの時間帯に食べられますか?

一応、正式なルールみたいなものはありませんが、1月7日に食べることだけは決まっています。

ただし、本来は1月6日の夜に準備して1月7日の朝に無病息災を願って七草かゆを食べるというのが一般的な形みたいですね。

どちらでも大丈夫ということでしたら、七草がゆは”朝派”の方にしましょうか?夜食べたらご利益が無い!というわけではありませんので、時間的に夜がよければどうぞ。

ちなみに、七草かゆを食べる容器は何がふさわしいのでしょうか?大きなお世話ですが・・・(笑)

「七草のお祝い」として、正月の一連の行事の一つとして考えるのでしたら、やはり三賀日に使うのと同じ祝い膳を用いるべきでしょう。容器の種類としては塗り椀を使用しましょう。

拘り派ならば是非。

ひと昔前でしたら、裏山に行ってちょいちょいと摘んでくれば揃う七草ですが、最近の事情では難しいですよね。

スーパーや八百屋さんでは”七草セット”が普通に売られています。温めたらすぐ食べられる”七草がゆレトルト”もあります。

それぞれのご家庭に合わせてお選び下さい。

まとめ

いかかでしょうか。

意外と知らないことがありますよね?

たぶん私は、七草を前に出されてそれぞれの名前を呼んでみてと言われたらギブアップするでしょうね(笑)

でも今年は久しぶりに「七草がゆ」を食べてみましょうかね。

無病息災を祈りつつ。1月7日の夜に(笑)

みなさんもいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

みんな共感!学校の卒業式でのあるある!不思議とどこも同じだった

小・中・高と合計十二年間も学生生活を送る訳ですが、都合三回卒業式を迎えます。 桜が咲く少し前にほぼ時を同じくして卒業するのですが、不思議なほど似通っています。 スポンサーリンク 特殊な事例を除けば卒業 …

東京都内で静かな公園の桜をめでるなら神代植物公園がおススメ!

花見というと、何だがガチャガチャして賑やかな印象があります。 でも時には、静かに散りゆく桜をめでるのもいいのではないでしょうか? スポンサーリンク そんな穴場的スポットが東京都内にもあったりします。 …

バレンタインデーの義理チョコ 社内でどうする?費用などあれこれ!

完全に日本で根付いた感があるバレンタインデー。 乙女が年に一度、思いを寄せる男性への”告白”を後押ししてくれるイベント。 最近はそんな風景、低年齢層でしか見られないような気がするのですが・・・どう思わ …

梅雨に部屋が臭うのは何故?カビが原因?対策方法はある?

いよいよ梅雨シーズンに突入しましたね? 作物にとって不可欠な恵みの雨。真夏の水不足を解消してもらうためにもしっかり降ってもらわないと。 スポンサーリンク ですが足元が悪くなるので余りうれしくはないのも …

二十四節気って何?意味や内容をちょっと説明できるとお得かも!

ニュースを見てると「今日は大寒です。・・・・」などとアナウンサーが言ってたり、何気なく会話の中に出てくるものですが・・・ 詳しく知ってる人って意外と多くはないですよね? カレンダーにちっちゃな文字で載 …