生活

二十四節気って何?意味や内容をちょっと説明できるとお得かも!

投稿日:2016年11月1日 更新日:

ニュースを見てると「今日は大寒です。・・・・」などとアナウンサーが言ってたり、何気なく会話の中に出てくるものですが・・・

詳しく知ってる人って意外と多くはないですよね?

カレンダーにちっちゃな文字で載ってる”アレ”あれって一体何ですか?

知っていて意外とちゃんと知らないこと。

こっそりおさらいしておいて、会話の中でさらっと言えたら「博学」なんて印象を伝えられるかも(笑)

今回はこれを解決しましょう。

スポンサーリンク
  

「二十四節気」って何?

あれの正体は、二十四節気(「にじゅうしせっき」と読みます)です。

現在の暦(カレンダー)は、太陽の運行をもとにしてつくる「太陽暦(れき)」で、おおよそ365日を1年としています。(4年に一1度うるう年がありますよね)
しかし、明治5年まで日本では、ひと月は月の満ち欠けをもとにして日にちを数えていました。月の運行で日にちを数える暦を「太陰暦(たいいんれき)」といいます。

太陰暦には一つ大きな問題がありました。月は満月から満月まで(正しくは月の出ない新月から新月まで)が、およそ29.5日です。

すると29.5日×12ヶ月=364日となって、1年間で11日ほど、3年でおよそ1カ月、太陽の動きとずれてしまいます。1カ月もずれるのは大変困りますよね。
そこで、太陽の運行を基準に1年を24等分、毎年の暦に書き加えたものをつくりました。これが二十四節気です。農業などは日にちではなく、これをもとに作業を行っていました。

二十四節気は太陽暦そのものです。ひと月は月の形で日にちを決め、1年は太陽の動きで季節感に一致させていたので、「太陰太陽暦」といい、日本は純粋な「太陰暦」ではなく太陰太陽暦でした。

「二十四節気」とはこんな内容です

具体的には、四季(春・夏・秋・冬)それぞれを六等分することで二十四節気になります。

春 【立春】 りっしゅん:2月4日頃 【雨水】 うすい:2月19日頃 【啓蟄】 けいちつ:3月6日頃 
【春分】 しゅんぶん:3月21日頃 【清明】 せいめい:4月5日頃 【穀雨】 こくう:4月20日頃

 【立夏】 りっか:5月6日頃 【小満】 しょうまん:5月21日頃 【芒種】 ぼうしゅ:6月6日頃 
【夏至】げし:6月21日頃 【小暑】 しょうしょ:7月7日頃 【大暑】 たいしょ:7月23日頃

 【立秋】 りっしゅう:8月7日頃 【処暑】 しょしょ:8月23日頃 【白露】 はくろ:9月8日頃 
【秋分】 しゅうぶん:9月23日頃 【寒露】 かんろ:10月8日頃 【霜降】 そうこう:10月23日頃

スポンサーリンク

 【立冬】 りっとう:11月7日頃 【小雪】 しょうせつ:11月22日頃 【大雪】 たいせつ:12月7日頃 
【冬至】 とうじ:12月22日頃 【小寒】 しょうかん:1月5日頃 【大寒】 だいかん:1月20日頃

ちなみに、春分の前日に「節分」があり、夏至が一年で一番昼が長く、逆に一年で一番昼が短いのが冬至です。

「二十四節気」を覚えておくと得?

ビジネスマンをしてますと、「季節の変わり目」に挨拶状を出すことがありますよね。その際「季節の変わり目」というのが「二十四節気」なのです。

例えば【小寒】(しょうかんと読みます)は1月5日頃ですが、この日から「寒の入り」となって節分(立春の前日)までを「寒の内」といいます。

この時期に出す手紙が”寒中見舞い”というわけです。「余」を付けるかつけないかのタイミングも二十四節気を意識するだけで変るものですね。

他にも【春分】(しゅんぶん)3月21日頃には春のお彼岸、【秋分】(しゅうぶん)9月23日頃には秋のお彼岸があります。

それぞれの日の前後3日間計7日間がお彼岸の期間(1年で14日間)ちなみに春分・秋分の両日とも祝日となっております。

また、【冬至】(とうじ)12月22日頃には冬至かぼちゃを夕食で食べたり柚子湯に入るると風邪をひかないなどの風習があります。

今でも季節ごとの行事・習わしは、二十四節気に合わせて動いていることが多いです。

12か月で動くカレンダーと共に、「二十四節気」を意識することで”ビジネス”と大きくつながるかも。

まとめ

いかがでしょうか?

何度も耳にしている節気はともかく、馴染みの薄いものは正直全然知りませんよね?

ちょっと意識して24個全部さらっと覚えてしまえば、また違う世界が見えることでしょう。

今回詳しくは取り上げませんでしたが、日本の古来から続く伝統芸能や慣習は、この「二十四節気」と深くかかわっていることがあります。

気になった方は是非一度調べてみてはいかがでしょう。

そのうちこちらでも”解決”していくかもしれませんが(笑)

小さな”解決”が暮らしをもっと豊かにしますように。

スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミニマリスト・シンプルライフ・断捨離 それぞれの違いは?

(画像参照 RoomClip http://roomclip.jp/photo/gDlN) この一、二年で「ミニマリスト」って言葉が流行しましたよね? あのがらんとした部屋に衝撃を受けた方もおられると …

ホワイトデーにお返しを職場で!返し方・金額相場・NGなどあれこれ

バレンタインデーにチョコをいただきましたか? 「貰ったよ、義理だけどね」って重い返事をする方結構いますよね。 義理なのに、貰ったからにはお返しをしなくてはならない・・・学生じゃなく社会人ならなおさら! …

セントラルスポーツに通ってます。初心者におすすめする訳!

初めてジムに通うと決めても、最近本当にスポーツジムが多いですよね。 駅前に複数あるのは当たり前で、値段も横並び。入会金はサービスとか普通にやってたりします。 スポンサーリンク 経験があれば”あたり”も …

成人式の失敗から学ぶ!女性編 振袖・髪型・メイク・同窓会?

そろそろ成人式ですね。 今年お迎えになる皆さんおめでとうございます! ご両親もこの日を迎えられたことを心からお祝い申し上げます。 何だか・・・結婚式でのスピーチみたいですが・・・(笑) スポンサーリン …

ジム通いが続かない!そこには理由がある 続けるコツは?

春になりますと「新しい事」にチャレンジしたい!そんな気持ちになりますよね? とはいえ、毎年この時期「フィットネスクラブ」「ジム」「アスレチック」などの名称のトレーニングセンター(ここではジムに統一しま …