健康

花粉症デビューか!それともただの風邪?症状の違いをセルフチェック

投稿日:2016年11月9日 更新日:

最近なんだか頭がボーっとする。鼻水がズルズル。くしゃみもするし風邪かな?

いや、この季節だともしかして花粉症!?かもしれません。

今まで無縁だったとしても、ある日突然デビューするのが花粉症・・・

症状もイマイチ分かりにくくて困りますよね?

とりあえずマスクは買いに行くとして、それ以上はちょっと待ってください!

風邪なのか花粉症なのか?見分けるお手軽な方法があるんです。

スポンサーリンク
  

花粉症ってどんな病気?

風邪は様々なウィルスに感染して起こる病気です。

花粉症は、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因で、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。

アレルギー性鼻炎は、原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。

・季節性アレルギー性鼻炎(一般的にみられる花粉症)

原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があるのが特徴。(日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されてます)
主なアレルゲン(スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど)
症状は 鼻の三大症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)目の症状(かゆみ、涙、充血など)を伴う場合が多く、その他、のどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。

・通年性アレルギー性鼻炎

アレルゲンが一年中あるので、症状も一年中みられます。
主なアレルゲン(ダニ・家の中のちり(ハウスダストなど)・ゴキブリなどの昆虫、ペットの毛・フケなど)
症状は季節性アレルギー性鼻炎に見られる症状に加えて、喘息、アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。

*最近、通年性アレルギー性鼻炎と花粉症の両方に悩む人、複数の花粉に反応する人も増加中です。一年中くしゃみ・鼻水・鼻づまりや目のかゆみ・異物感に悩まされる人も・・・

私は風邪それとも花粉症? 症状セルフチェックしてみよう

風邪と花粉症の症状はかなり似ていることがあります。

放っておくと風邪をこじらせても良くはありませんし、花粉症だったら手を打たなければ改善しません。

まずは自分は今どっちなのか?簡単に症状セルフチェックをしてみましょう。

問1 鼻水くしゃみが続けて出る。

スポンサーリンク

問2 鼻水が透明でさらさらしている。

問3 発熱している。

問4 目がかゆくなる。

問5 毎年同じ時期に症状が出る。

(監修:日本医科大学大学院医学研究科 頭頸部感覚器科学分野 教授 大久保公裕先生 引用)

カギは鼻水の種類・発熱・毎年の症状か?です。

問1と3のみが”ハイ”でしたら風邪の疑いが濃厚です。それ以外の問いに対しても”ハイ”と答えられるなら花粉症の疑いが強まるでしょう。

言うまでもない事ですが、すべての問いに”イイエ”で答えられた場合は風邪でも花粉症でもないと思います。

結果、あなたはどうでしたか?

花粉症または風邪 いずれの場合も速やかに医療機関へGO!

どちらでもなかった場合を除き、風邪の症状であれ花粉症の症状であれ、症状が出ているのであれば速やかに医療機関に行きましょう。

風邪の場合でも、自己判断で受診を引き延ばしていると実は流感(インフルエンザとか)に罹っていて、知らぬ間に多くの人にうつしてしまうかもしれません。
また自己流の対応策や薬局での薬では効かない場合もあります。症状を自覚しているなら速やかに行きましょう。

花粉症の場合、おそらくあなたは何をすればいいかわからないでしょう。医療機関へ行くにしても何科を受診すればいいのでしょうか?

その場合、あなたが今一番苦しい症状の科に受診すれば大丈夫です。

目が痒ければ眼科へ、鼻水や鼻づまりが辛ければ耳鼻咽喉科、だるい・しんどい等であれば内科を受診しましょう。
また最近は、”アレルギー科”という科を新設している病院もあるみたいなのでお近くにあればそこを受診するのもいいかと思います。

ちなみに、風邪の場合でも咳喉痰に苦しいとか鼻水鼻づまりのみで、熱が無い場合などは耳鼻咽喉科へ受診しても風邪の処方はしてもらえます。

まとめ

いかがでしょうか?

まずは自分の症状をセルフチェックしてみて、風邪なのか花粉症なのか?大まかに確認して相応しい科を受診しましょう。
検査を受けて初めて自分がどうなのか確定すると思いますのでそれからです。

今や日本人の五人に一人は花粉症を患っているといわれているます。今違っても明日は分かりません。
早期診断早期対応で、軽減または改善することも可能だそうです。

正しい知識と理解で対応してまいりましょう。

健康にお過ごしください。

スポンサーリンク

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アトピー性皮膚炎奮闘記 青年編 伝説を経て戦いの日々が続く!

さて、小学生中盤から高学年の間に30センチ以上背が伸び、声変わりも経験しました。 一足先に大人の階段を駆け上がってしまいました(笑) その結果、成長とともにアトピーが治まる(または和らぐ)伝説を体験す …

アトピー性皮膚炎奮闘記 幼少編 当時のアトピー患者はどんな存在?

今や国民の3割がアトピー性皮膚炎か花粉症か気管支喘息などのアレルギー性疾患を持っているといわれており、もはや国民病といってよいと思います。 幸い今のところ私は、花粉症の症状はなく風邪をこじらせた場合の …

花粉症かなと思ったらいつ頃病院行ったらいい?その際の注意点など!

このシーズン!急に鼻水・くしゃみが止まらない・・・目も真っ赤で痒い痒い。 初めての経験だと、ビックリしますし戸惑いますよね? スポンサーリンク もしかすると、風邪ではなく花粉症かもしれません。 とりあ …

アトピー体質のあなた 冬の乾燥対策!入浴時の注意点や保湿の方法

毎日外もお部屋の中も乾燥注意報発令中ですよね! アトピー持ちの方ですと、肌からドンドン水分が抜け出ているようで気が重いですよね。 つい何とかしようと、いろいろ良さげなものを手当たり次第に試してませんか …

アトピー性皮膚炎奮闘記 大人編 重度化それに伴うかかわり方!

卒業し社会人として歩み始めた時、私はアトピー性皮膚炎保持者としてごく普通に生活していました。 順風満帆とはいきませんでしたが、今考えると当時はまだ重度化するなんて思いませんでした。その程度だったのです …