介護

介護の仕事が初めての場合 どんな職場がいいの?おすすめは何!

投稿日:

「仕事をするなら介護関係にしようと決めてたけれど、何を基準に決めたらいいのか全然分かりません(涙)」

こう語るのはSさん(33歳主婦)です。

いわゆる「特養」とか「デイサービス」がどんなことをしているのかざっくりは知っているものの、自分がそこに勤めるとなれば話は違います。

勤務時間や給料だけで決めてしまっていいのか?不安になる気持ちは良く分かります。

確かに「介護」といっても場所によって全然求められるものが違います。

初心者なら何を基準に決めたらいいか? ちょっとアドバイス!

スポンサーリンク
  

介護の仕事が初めての場合の決め方

大前提として無資格・未経験の場合、ネットで調べてみてイメージをふくらましたところで、現場がどういう感じかは掴めないと思います。

ですから、通勤がしやすい・時給が高い・評判がいい(利用レベルで)などを参考に選ぶのは全然OKだったりします。

ですが、コンビニやスーパーのレジのように仕事を覚え、時給分働いたらいいみたいな感じで”介護業界”に来るのはおススメしません。

軽いパート気分で行くと”大変さ”に圧倒され、幻滅してしまうと思います。

やはりいくつかの介護ジャンルの確認をしておきましょう。

介護の仕事の種類は大まかに二種類

介護は大まかに「居宅サービス」と「施設サービス」に分けられます。勿論、その他に属するサービスもあります。

この辺の違いは”介護保険”の絡みで変わっているので、ここでは深く取り上げることは避けたいと思います。

居宅サービスの中には

・デイサービス ・訪問介護 ・ショートステイ などがあります。その他にも色々あります。

施設サービスの中には

・特養(特別養護老人ホーム)・老健(老人保健施設)など。

微妙なんですが、・有料老人ホーム・ケアハウス・サ高住(介護サービス付き高齢者向け住宅) などは建物内に住居を構えるスタイルですが一応”居宅サービス”に属します。

基本、施設サービスは体力勝負になることが多く、居宅サービスは体力的にはラクですが、レクリェーションの提供や接遇など別の大変さがあったりします。

また、居宅サービスでも”訪問介護”は、介護を必要とする方の自宅に赴き、そこで介助を行います。

スポンサーリンク

給与面で見てみますと、施設サービスは常勤(正社員)を求める場合が多く、夜勤もあって金額的には高めです。居宅サービスは逆に常勤は少なく、大半が時給のパートで占めます。

有料老人ホームは実質施設サービスの提供に加え、入所の際が高額であることから、接遇などのサービス面での要求が求められ、その分給与面も幾分高めだったりします。

介護の仕事が初めての場合のおすすめは

仕事を選ぶ際の基準は、これも大まかに二つに絞られると思います。

①金銭面

②仕事面

まずは金銭面ですが、がっつり稼ぐ必要があるのか?家計の足し程度で十分なのかで勤務形態が変わるでしょう。

無資格・未経験でいきなり常勤になるのは難しいですが、フルで働き、資格所得などを経て常勤になることは可能でしょう。この場合は施設サービス一択となります。

それほど稼ぎが重要でなければ、時間の融通が利きやすいパートで、デイサービスや訪問介護の家事援助などができるでしょう。

次に仕事面は、介護技術をしっかり身に着けたいと考えるのであれば、施設サービスの中で選ぶのが基本になるかと思います。食事・入浴・更衣・排泄その全てを行います。

デイサービスなどでは、比較的介助の必要性が少ない方がおいでになるので、介護技術を身に着け磨くには若干弱いでしょう。

それでトータル的に考えてみますと、経験ゼロ・無資格という条件で今後介護士として成長したいなと考えておられるなら、まず施設サービスの中で条件を考慮してみるのはどうでしょうか?

まず介護の現場を”お試し的”にチャレンジしてみたいと考えておられるなら、デイサービス系の中から選ばれたらいいかと思います。

訪問介護ですと無資格の場合”家事援助”(身体介護が出来ない)のみを提供することになるので、家事がお得意であればそこからスタート出来るので始めやすいかもしれません。

ハッキリ言ってパートであれ常勤であれ、ずっとそこに勤め続けれれるのは稀です。経験を積みながら、自分の方向性を確認したり家庭や健康事情を考慮しながら職場を変更するのが普通の業界です。

永久就職するみたいに構えることなく、今のスタート時点でどんな形で仕事をしたいかを決めて選ばれると間違えることはないでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?

はじめは誰もがゼロからのスタートです。先が見えなくて不安になるものです。

ある程度の方向性を決めたら”まずは飛び込む”そのスタンスで行きましょう。

必要に応じて経験も、技術も、資格も、身に着けていけるはずです。焦らずマイペースで大丈夫です。

どこで働いても”介護のお仕事”は大変です。その覚悟は必要です。

ですが介護の現場でなければ得られないものもあります。奥は深いですよ!

新しい挑戦!応援しています。

スポンサーリンク

-介護
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

介護のお仕事 派遣で夜勤専門はどう?メリットとデメリット

ネットを検索していますと、介護の派遣の仕事が目に飛び込むことがあります。 一晩で驚きの「価格」にビックリ!本当に稼げるの?裏があるんじゃないのって勘繰りたくなります。 実際に経験した者として実情を赤裸 …

親を捨てる 介護の必要な親をどうする?覚悟と罪悪感は不可避

自分の幼き頃を一生懸命に育ててくれた親。 その親が年老いて介護が必要になって来た時、あなたはどうしますか? スポンサーリンク まだあなたが元気で資力も自由な時間もあれば「その時が来たときは頑張る」と言 …

「介護の仕事が合わない!」と感じたら?まずこれをやってみよう!

どんな仕事でもそうかもしれませんが、特に介護の仕事現場に携わると誰もが一度や二度は経験するものです。 「自分は本当に介護の仕事が合っているのだろうか?」と。 自分が今、そう感じているからと言って自分の …

介護士として派遣を選ぶ?メリットとデメリットを考えよう!

派遣で働くって どんなイメージをお持ちでしょうか? 不安定・安い・派遣切り・待遇悪い・・・ 概ね、余りよろしくないイメージをお持ちですかね。 スポンサーリンク では、介護士も同じでしょうか? 意外と知 …

あなたは介護の仕事に向いてる?向いてない?チェックしてみよう!

この仕事を初めてしようと思った場合、「自分は介護に向いているんだろうか?」と悩むことがありますよね? 実はこの自問、すでに介護士として働いている人ですら考えてしまうテーマです。 スポンサーリンク 実際 …