忘年会

忘年会で余興は何をする?おススメを定番から最新までご紹介!

投稿日:2016年10月6日 更新日:

忘年会楽しみですか?

気心の知れた同僚と肩を並べお酒を飲めるのは楽しいひと時です。

折角ですから余興も見る側だけでなく参加しましょう。

積極的に加わると盛り上がりますし幹事さんにも喜ばれます(笑)

恥ずかしがらず、あなたの意外な一面や特技を、単身で・少人数で・団体で発揮しましょう。

定番から最新?まで、おススメの余興をご紹介します。

スポンサーリンク
  

忘年会の余興でおススメ 単身で

・モノマネ 完璧にこだわらない方がウケがいいです。特徴のある有名人の表情や言葉・癖なんかをやって「・・・微妙」とか言われるのが最高です。
もちろん、初めから最後まで全然似てないでは白けますから、トリに自信のある一発を披露しましょう。ノリと勢いがコツです。

・バルーンアート 専用の風船が小道具。やり方はネットで簡単に学べます。不器用な人はやめとく方が無難。女性向きかもしれません。

・カードマジック 100均から専門店まで、それ用のグッズを購入すればすぐにマジシャンです。バリエーションがとても豊富ですからネットで調べてみましょう。余談ですが飲み屋でちょっと披露するとプチモテできます(笑)

これ以外にもご自身の特技(踊りの免許皆伝とか、むかしバイトで身に着けた○○とか)がありましたら是非披露してみましょう。
趣味でやってる弾き語りとか、落語なんかもいいと思います。 

忘年会の余興でおススメ 少人数で

・「もしかしてだけど」byどぶろっく 「もしかしてだけどー」非常に有名になったこのフレーズは一度聞いたら忘れられませんよね。
歌に自信がある人にオススメ 替え歌で披露したいところです。二人でなりきりましょう。

・往年のアイドル振りつけ(口パクも可) キャンディーズやピンクレディーは”ある年齢以上の方”ですとメロディーが流れるだけで自然に踊れると評判です(笑)
逆に若い方達にチャレンジしてもらいたいですね。ユーチューブ等を検索すれば振り付きで学習できます。

・髭ダンス ドリフターズの定番メニュー。50代以上の方で知らない人はいません。これもネットで検索してもらえば参考資料は出てきます。
当時を再現する必要はないと思いますよ。雰囲気だけ掴み、アドリブを交えながらノリで行うと爆笑間違いなしです。

スポンサーリンク

・オタ芸 オタ芸とは、アイドルオタクがコンサートなどでアイドルに向けて踊るパフォーマンスのことです。非常に激しい振りつけとしても有名。完璧に振りを覚えて演じるとカッコイイと思います。

他には漫才やショートコントなども二、三人で出来ると思いますので、お気に入りのお笑い芸人のネタを模倣してやってみるのもアリです。

忘年会の余興でおススメ 団体で

・ようかい体操第一(ダンス)子供たちに大人気のアニメ。知らない人でもすぐ覚えられます。DVDかネットで確認しましょう。
前に出て代表者が演じる演目というよりも、全員が一緒にできる参加型なので是非こういったものを積極的に取り入れたいものです。

・エアバンド ギターの音源をかけて、思いっきりギターがあるように力強くエアーでギターを弾いてみましょう。音楽さえあればほかには何も要らない。必要なのは振りきる勇気だけ。
コンサート会場よろしくみたいにライブコスチュームを用意してみんなで盛り上がりましょう。

・AKB48 言わずと知れた人気アイドルグループです。「ポニーテールとシュシュ」や「フォーチュンクッキー」は今や定番曲。
出来るなら全員女性で、カワイイ服(制服ぽいなら尚可)をお揃いで用意して踊れば、気分は全員総選挙です!

・ゴールデンボンバー 爆発的な人気となった彼らの「女々しくて」は、子供から大人まで幅広く知る曲です。フルコーラスは歌えなくてもサビの歌と踊りは知ってることでしょう。サビにきたら全員で元気よく歌い踊りましょう。

歌や体操、踊りなどを余興に組み込むとみんなが参加できて一体感を満喫できます。

その他にもビンゴゲームやカラオケといった、定番の余興がより一層忘年会の雰囲気を盛り立てます。

また、司会者がなぞなぞやクイズを準備しておき一等には”賞金”が出るなんて趣旨の催しも加えると俄然参加者の熱が入ることでしょう。

まとめ

忘年会の余興といっても、定番から流行りのものまで多多あります。どれを行うのかは会の趣旨次第かもしれません。

しかし、盛り上げるコツは”皆がなりきる”こと、恥ずかしがらず堂々と思いっきりやることではないでしょうか?

上手くいっても失敗しても、楽しければオールおっけい!

限度を超えない程度に羽目を外して、今年の憂さを忘年会で吹き飛ばしましょう!!!

アナタは今年の余興、何をやってみたいと思いましたか?

頑張ってください。

スポンサーリンク

-忘年会
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今年の忘年会がデビューのあなた!新人が知っておくべきマナーとは?

今年も残すところあとわずかですね。 振り返ってみられてどんな年だったでしょうか? 目まぐるしい毎日で、気が付けばもう今年もおわり?!と、実感がないかもしれません。 スポンサーリンク 初めての忘年会です …

忘年会の司会者デビュー!失敗しない方法を伝授します!

そろそろ今年もおわりですね。お疲れ様でした。今年もいろいろありましたが、無事に終われてなによりです。 仕事の締めくくりの中には忘年会がありますよね。会社の年中行事もこれをもって終了というところは少なく …

忘年会の幹事デビュー!何をする?当日までの段取り方法を伝授!

寒くなるとお鍋やおでんが恋しくなりますね。 みんなで仲良く囲むのは、冬の醍醐味の一つですよね? スポンサーリンク でも、笑ってもいられないあなた? 今年の我が社の忘年会、幹事に任命されてませんでしたか …

忘年会 お酒なんか飲めなくても楽しめます!そんな方法あれこれ!

寒い日が続きますと、何かと”飲む”機会が多くなります。 飲み過ぎには注意しましょう! ところで、忘年会もピークを迎えるころでしょうが、お酒が飲めない人にとっては憂鬱以外の何物でもありません。 スポンサ …