介護

介護のお仕事 派遣の夜勤専門はどう? 自分は向いてるか?

投稿日:2017年2月14日 更新日:

介護で夜勤専門で働く人は昔からいます。それでも絶対数が足らず、派遣の応援が無ければ施設が回らないところが続出中。

今やプチバブルともいえる高時給の求人が、競うように現れる現象が関東を筆頭に全国的に見られます。

「自分も派遣で働いてガッポリ。ウッシッシ!」と思ってしまうのも無理からぬこと。

しかし、派遣で働くことは”簡単”ですが”簡単”では終われません。いろんなことが関係してきます。

実際あなたが介護の派遣で夜勤専門をするのに向いているか否か!検討してみましょう。

スポンサーリンク

介護の派遣 夜勤専門はどうなのか?

夢物語でも都市伝説の類でもなく、本当に介護の派遣の時給はうなぎ登りですし夜勤は一晩で”あの”金額をゲット出来ます。

詳しくは「介護のお仕事 派遣で夜勤専門はどう?メリットとデメリット」で取り上げましたので是非一読下さい。

この話には裏も表もなく、確実に働けば稼ぐことが出来ます。下手な深夜バイトなんて目じゃないです(ウォータービジネスや風〇系は除く)

しかし、誰でも無差別におススメ出来る訳ではありませんし、適性もあります。向いてない人も確実にいます。

まずは自分はどうか?確認しつつ読み進めてみて下さい。

介護の派遣 夜勤専門に向いてない人

派遣の夜勤専門は”即戦力”が求められる~当たり前ですが、人が足らなくて募集しているのですから現場経験がない!夜勤をしたことがない!という人は難しいでしょう。

施設によっては「未経験OK」とある場合もありますが、勤め始めるとメチャクチャ苦労します(確実に)

また、デイサービスや高専賃(高齢者専用マンション)有料老人ホームなどで経験はあるものの、排せつ介助や身体介護(移乗介助とか)がほぼ未経験の場合も同様です。

もう少しだけ経験を積んでから応募しましょう。(現場経験一年以上を目安にする施設多し・夜勤含む)

上昇志向のある人~はっきり言って「時間の浪費」の可能性があります。介護士もキャリアを積めば着実に昇進出来ます。頑張れば施設のトップにもなれます。

しかし、派遣での経験値はカウントされません。あくまでその施設で「常勤」として積み上げたものだけが評価されます。(せいぜい非常勤まで)

派遣ですと簡単に他の施設を経験出来るメリットがありますが、こと出世を意識される上昇志向の方は「逆効果」になるとお考え下さい(もちろん単なるマイナスではありませんが)

臨機応変に対応出来ない人~派遣ですから基本的には「指示待ち」でいいのですが、あくまでそれは表向き。夜勤は少数精鋭で働かねばなりません。

機敏に状況を察知して、臨機応変に対応出来ない人は正直「使い物にならない」という評価につながりかねません。

その人のメンタルかもしれませんが「所詮は派遣だし」とか「バイト根性」だと、その姿勢が表に出てしまい雑な仕事しか出来ません。

派遣であってもちゃんと「プロ意識」を持てるかどうかも、派遣を続けられる(始められる)大切な要素です。

理想を言えば「介護系の資格」を所持しており、現場を最低数年は経験(夜勤を経験していれば尚可)し、かつ現場リーダーも経験済みの方であれば申し分ありません。

実際夜勤専門として働けば、その晩は現場を”任される”のですから、それを担える能力が無ければお話にならないわけです。

少しきつい話ですが、現場は人手不足のため「猫の手も借りたい」との思いから、そこまで成熟していない人でも受け入れるかもしれません。

しかし、それによって負担や迷惑、場合によっては損害を被るのは同じ日に働く相棒であり、その施設であり、そこにおられる入居者様なわけです。そしてあなたも。

もちろん「ヤル気」があればすべてを超越することは可能かもしれませんが、自分の適性を今一度考えてみましょう。

スポンサーリンク

介護の派遣 夜勤専門に向いてる人

言うまでもなく「向いてない人(少なくとも現時点で)」の真逆の人は”適正”にかなっている人と考えて下さって構いません。その中でどんな人が介護の派遣でしかも夜勤専門に向いているか列挙してみましょう。

ブランクがありカムバックを考えてる人
実力的に申し分が無いのですが、事情で一時的に現場を離れていた人。再び夜勤をすることを視野にカムバックを考えているのなら夜勤専門で一時的に「肩慣らし」をするのは最適でしょう。
経験者が平日勤務をするのに抵抗は少ないはずです。夜勤専門をしてみて”カンが”戻るのならOK.難しければそれに合わせた職場にすればいいと思います。

お金が必要な人
夜勤専門は稼げます(笑)普通にパートで働くより断然早く、沢山稼げるでしょう。
ただし、恒常的に必要なお金(例えば住宅ローンとか)を夜勤専門で稼ぐのならおススメはしません。何らかの理由で一時的に入り用とかローンがある場合には有効です。
ですが数年から数十年を夜勤専門の稼ぎをあてにする生活は恐ろしいほどリスキーです。その場合は別に抜本的な解決を目指した方がいいでしょう。

目的のある人
例えば半年働いて半年は外国に旅行するとか。働き方が自由に選べるのが派遣の最大の利点。夜勤専門なら貯金もしやすいです。
または〇月からは○○で働くことが決まっている。三か月ほど時間が空くのでその期間だけ派遣で働く。なんて場合もピッタリです。
他にもマイホームの頭金を○月までに貯めるために稼ぐとか。プランが比較的短期で明確な場合は働きやすいでしょう。

ダブルワークの人
リスクヘッジの意味合いと副業が本業になるまでの一時しのぎという場合には有効でしょう。
「正社員」や「常勤」の場合、副業が禁止の場合があります。派遣はもともと自由ですしダブルワークすることが前提の場合があります。

いずれにせよ、「介護士」として経験があり且つ「お金を稼ぐ」明確な目的や必要があって、それが一時的(一定期間)である場合、派遣の夜勤専門で働くのがおススメの働き方です。

時給や夜勤の日当は高額ですが、その収入を見込んでずっと続ける生活プランを送るのは避けた方が賢明です。今はあくまでプチバブルと考えましょう。

*ここで上げた例は世帯主が単独で働いた場合(独身・父子・母子家庭等)を想定しています。共働きの場合で一方の稼ぎが減少(または無くなると)しても生活に支障が無ければ大丈夫でしょう(自己責任で)

まとめ

いかがでしょうか?

ここではあえて夜勤そのものが苦手(または環境的に難しい)ということは話題にしていません。

いくら稼ぎが良くても無茶をして体や家庭を壊してしまっては元も子もありません。

いろんな意味で向き不向きはありますので、高時給につられて後先構わず申し込むのは避けたいところです。

しかし、熟慮の上で「やってみたい」と思われたのでしたら是非チャレンジしてみて下さい。

やってみたら案外、生活に順応するかもしれませんよ。

スポンサーリンク

-介護
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

親を捨てる 介護の必要な親をどうする?覚悟と罪悪感は不可避

自分の幼き頃を一生懸命に育ててくれた親。 その親が年老いて介護が必要になって来た時、あなたはどうしますか? スポンサーリンク まだあなたが元気で資力も自由な時間もあれば「その時が来たときは頑張る」と言 …

介護業界に就職をお考えの皆さん!選び方をアドバイス致します。

介護業界に就職しようかと考え中の皆さん! 特に中高年で転職の場合、収入や待遇はもちろん、職場環境や人間関係も重要ですよね! 勤め始めてから「こんなはずじゃなかった・・・」と嘆いても後の祭り。 スポンサ …

親の介護 認知症の場合どこまで責任が及ぶの?どんな対応が必要?

「身の毛もよだつニュースに顔面蒼白です」とKさんは語ります。 ”認知症の男性(当時91)が線路内に立ち入り電車と接触した死亡事故で、家族らの安全対策が不十分だったとして、 JR東海が遺族らに列車が遅れ …

「介護の仕事が合わない!」と感じたら?まずこれをやってみよう!

どんな仕事でもそうかもしれませんが、特に介護の仕事現場に携わると誰もが一度や二度は経験するものです。 「自分は本当に介護の仕事が合っているのだろうか?」と。 自分が今、そう感じているからと言って自分の …

介護士として派遣を選ぶ?メリットとデメリットを考えよう!

派遣で働くって どんなイメージをお持ちでしょうか? 不安定・安い・派遣切り・待遇悪い・・・ 概ね、余りよろしくないイメージをお持ちですかね。 スポンサーリンク では、介護士も同じでしょうか? 意外と知 …