行事

鯉のぼりの購入のしきたり?おさがりの譲受や両親へお返しは?

投稿日:

去年息子が生まれ今年が初節句。

双方の両親共々大喜びで毎日大はしゃぎ(笑) 何かにつけて気にかけてくれます。

しかし、どちらからも「鯉のぼり」を送りたいと申し出てくれたのですがちょっと困りもの。

気持ちはとてもうれしいのですが二つは不要ですし、どちらか一方を断ると角が立ちそうで後々が心配です。

双方の親どちらともこれからの付き合いがあります・・・どうすればいいでしょうか?

スポンサーリンク

鯉のぼりの購入のしきたりは?

これはお住まいの地域によって風習が違いますので一概に言えません。ご両親の住まれる地域が離れていればなおのことでしょう。

まずはそれぞれの地域ではどうなっているのか?確認してみることから始めましょう。

一般的には妻側の実家が用意するのだそうですが、これは嫁ぎ先と同居してることが前提だとか(この機会に様子を見に訪れる理由付けらしい)

最近ですと両親と同居生活してる事は稀ですし、それだけが理由で妻側が節句の費用を全部負担するのは酷です。

レアなケースかもしれませんが、長男(孫)の場合は父方(旦那さんの実家)が用意し(後継ぎだから)という地域もあるそうです。

この場合ですと奥様から見て義父母からになりますね。

いずれにせよ、どちらかの親のご厚意に甘えるのでしたら、それぞれのご両親が行動してしまう前に声をかけておきましょう。

今お住まいの状況をしっかり伝えて(一軒家なのか集合住宅なのか)相応しいものを購入してもらいましょう。

もしご両親双方の顔を立てたいのなら、一方には五月人形や兜を頼むというのも一つの方法ですよ。(お値段に違いがありますが)

または、ちゃっかり現物(鯉のぼり)でなく現金をいただいてこちらで選んで購入してしまうというのも現実的かもしれませんね。

夫婦でどうするか?よく話し合って決めましょう。

鯉のぼりや兜のおさがりを頂くのは大丈夫?

鯉のぼりや兜・五月人形は、子供が成長してしまうと不要になるものだったりします。

ご両親や親戚の中には、この機会に貰ってほしいと申し出てくれるかもしれませんね。このようなものを譲り受けても大丈夫なんでしょうか?

娘さんに贈る雛人形は,その子の守り神として身代わり人形の意味合いを含みます。特別なものはともかく、他の人の人形を使い回すのは良くないとされています。

しかし、鯉のぼりや兜には元々そのようないわれはありません(一人一代(台)が理想ではありますが)

普通、お子さん(息子)の人数分のこいのぼりや人形・兜が飾ってあるところは見ませんものね(笑)

譲り受けることに(いわゆるおさがり)夫婦共々が抵抗なければお受けしてもいいのではないでしょうか?

ただし人形や兜はほぼ一生モノですが、鯉のぼりは使われ方や保管の仕方によっては傷んでたりしますので注意しましょう。

スポンサーリンク

鯉のぼりのお返しを両親へする場合

鯉のぼりを頂いたのでしたら、必ず飾ってお礼を伝えましょう。

ぜひ五月五日(またはその前後)にお祝いをする際に、ご両親をご招待しましょう。

一緒に「お食事会」などを行ってお孫さんの顔を見ることが出来れば大喜びでしょうし、それが何よりの”お返し”になりますので。

もちろん、ご両親双方をお招きしましょうね(仲が良ければ一緒でもいいと思いますが、日にちや時間帯をずらして招待する方がいいかもしれません)

もしご両親が遠方でお呼びすることが難しいようでしたら、電話でのお礼はマストとして、手紙と写真を添えてお礼を送ると大変喜ばれるでしょう。

(一方のみしか招けない(来れない)場合、その旨を事前に伝えておいた方がいいと思います)

ちなみにお礼の相場は、頂いた品物(鯉のぼりなど)の半額から三分の一程度の費用に抑えましょう。お菓子などがいいかもしれません。

親戚などからもお祝いを頂く事も考えられます。祝いの席を設ける予定でしたら招待しましょう。

その予定が無い場合や遠方の場合は内祝いを贈りましょう。祝い菓子や商品券・カタログギフトなどを用意しておくと喜ばれるでしょう。

お祝いの仕方やお返しの仕方など、その地方で様々なしきたりや風習がある場合もあります。事前に確認は怠らないようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

初めてのお子さんの誕生をご夫婦はもとより、ご両親も大変お喜びのことでしょう。

初節句に伴ってお祝いをしたいと申し出てくれるなんてほんと幸せですよね。

上手にふるまって双方の両親と仲良くお付き合いしていきたいものですね。きっとうまくいきますよ。

それぞれの地方のしきたりは基本的に押さえておいて、そこから極端に脱線しないように自分たちらしさが加味できるといいですね。

新しい家族のスタート。応援します。

スポンサーリンク

-行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

父の日のプレゼントでおすすめは?その由来は?病気の父なら何を?

「父の日」はついつい「母の日」に押されて忘れがちですよね(笑) あんまりメジャーじゃないし。 気が付いたらすでに七月になってたりして・・・(意図的かどうかは分かりませんが) スポンサーリンク 今年は絶 …

ひな人形の購入計画!狭い我が家にピッタリなのは?選ぶポイント!

「生まれた娘のために、ひな人形を買ってあげたい!」 そう思う親心良く分かります。でも、少し問題が・・・ 「我が家は狭くひな人形をどこに置けばいいのか?値段も良く分かりません。」 スポンサーリンク 確か …

ゴールデンウイークその名前の由来は?それに纏わる過ごし方

もうすぐゴールデンウイークですね? 全部お休みという方もあれば、一部分だけであったり休みなんて関係ないよという方もいて様々。 休みだけど混雑して”有難迷惑”と揶揄する人もいたりします。あなたはいかがで …

七夕祭りと言えば平塚が有名ですね!駐車場はある?雨の場合は?

日本各地で大なり小なり七夕のお祭りはありますよね。 でも、日本三大七夕まつりはご存知ですか? スポンサーリンク 宮城の仙台市と愛知の安城市、そして神奈川の平塚市です。 特に仙台市と平塚市の七夕祭りは全 …

卒業式で親のあなたは泣く派?泣かない派?何故だか気になるその理由

「あ~あ、卒業式で泣かないと~。冷たい人って言われそう~」っていう歌をサイトーさんが歌ってましたが・・・ もう知らない人の方が多いですかね。それはさておき。 自分のじゃなく親として子供の卒業式(卒園式 …