介護

介護の資格 親の援助やパートで有効?あれば報酬貰えるの?

投稿日:

自分の年齢と比例して、親の年齢を考えると「そろそろ家も親の介護かな」と考えることもあるかもしれません。

何とかなると楽天的に構えておくこともある意味必要ですが、出来る範囲で備えをしておくことも大切です。

実際、漠然と”介護”に関する知識と言っても中々イメージが付きにくいですし・・・

介護系の資格を所得するのはどうでしょうか?

でも実際役に立つのでしょうか?お金も時間もかかりますしね。

スポンサーリンク
  

介護の資格は親の援助にあった方がいいのか?

正直言いますと、親のためにというより介護者である自分のためにあった方がいいというのが本音です。

おそらくかつてのヘルパー2級、現在の介護職員初任者研修と呼ばれる資格がその対象でしょうか?

この介護職員初任者研修は、国が定めた介護職員初任者研修130時間を修了し、修了試験に合格すれば取得できる資格です。

様々な事業所等で受講することが出来ます。詰めて受講すれば一か月程度で終了出来ますし、数カ月に分けてゆっくり続けることも可能です。

費用は事業所によって若干バラつきがあるみたいですが、大まかに10万程度かかります。(場合によっては費用が別途かかることも)

ただこの資格(研修)を終えただけで、いきなり「介護が余裕」になる訳ではありません(笑)

知識経験ゼロで親の介護を手探りでスタートするより、幾分ですが余裕が出るのは間違いありません。

資格の勉強をするのはおススメです。

介護の資格 パートすることを考えたら必要か?

どんな資格もそうです。運転免許と同じです。ペーパーは所詮ペーパーです。

○○出来る資格があるのと、実際に出来る(または現場を知ってる)とでは大きな違いがあります。

親の介護がきっかけで資格を所得することになったとしても、機会があるのでしたら是非現場に出てみるのはいいことです。

パートであっても、実際に現場で仕事を経験しますと学んだ知識をどのように”活用する”のかが理解(体現)出来ます。

何よりもパートでの仕事も「時給アップ」が期待できますし、無資格の応募者より勤めやすくなります。

親の介護が始まる前に経験を積めるのは、アドバンテージになりますし心の大きな余裕が生まれることでしょう。

おそらく自分の親に”どんな介護”をしてあげたいか?事前に考えることも出来るでしょう。他の家族や親族からも頼られる存在になると思います。

介護のお仕事も前提に色々検討しておられるのでしたら、資格(介護職員初任者研修)はおススメです!

スポンサーリンク

介護の資格があれば親の介護でも報酬を得られるのか?

どういうこと?って思われたかもしれません(笑)

実はまことしやかにささやかれる噂として、資格があって親の介護をすると報酬が貰えるらしい・・・という話なんですが。

結論から言えば・・・デマです(笑) そんなうまい話はありません。(あったら介護離職も怖くなくなるんですがね・・・)

例えば

訪問介護という仕事があります(要介護者の自宅に赴き、必要な介護と家事を一定時間提供するサービス)

この事業所に勤めつつ、自分の親の家に派遣させてもらえたら一石二鳥なんじゃない?って思いませんか?

厚生労働省は、「自分の親の介護に対しては、介護保険からの給付金の支払いは一切しない」と定めています。

もし、訪問介護事業所へ監査が来た時に、従業員(資格保持者)が自分の親の介護をして介護保険へ不正請求していたことが発覚した場合。

最悪のパターンですが、その訪問介護事業所は介護の認可が取り消しとなり介護の仕事が一切出来なくなることもあります。

リスクが大きいです!大抵の事業所はそんな事はさせてくれないでしょう。

自治体によりますが、家族介護者向けに慰労金が出る制度を設けている場合があります。この場合、介護の資格の有無は関係ありません。

しかし、介護保険の適用が全くないとか。その他諸々の条件が厳しかったりします。それでいて月数千円程度の給付だとか・・・(ほぼ意味なし 涙)

在宅介護を本気で国が考えるのなら、様々な「現実的な方法」を考えてくれたらいいのですが・・・ね(笑)

まとめ

いかがでしょうか?

親の介護に先立って「介護の資格」を勉強しておくのはおススメです。時間とお金の余裕がおありでしたら是非ご検討を!

もし、介護系のパートを睨んでの検討でしたらなおのことプッシュします。

費用対効果の投資と考えても、アリの選択と言えます。受講を提供している事業所をいくつか探ってみて下さいね。

残念ながら資格があれば親の介護にも報酬があるというのはデマです(笑) もらえません!

親の介護という未知の世界に不安でしたら、資格をきっかけに飛び込んでしまうのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

-介護
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

親を捨てる 介護の必要な親をどうする?覚悟と罪悪感は不可避

自分の幼き頃を一生懸命に育ててくれた親。 その親が年老いて介護が必要になって来た時、あなたはどうしますか? スポンサーリンク まだあなたが元気で資力も自由な時間もあれば「その時が来たときは頑張る」と言 …

介護業界に就職をお考えの皆さん!選び方をアドバイス致します。

介護業界に就職しようかと考え中の皆さん! 特に中高年で転職の場合、収入や待遇はもちろん、職場環境や人間関係も重要ですよね! 勤め始めてから「こんなはずじゃなかった・・・」と嘆いても後の祭り。 スポンサ …

親の介護 認知症の場合どこまで責任が及ぶの?どんな対応が必要?

「身の毛もよだつニュースに顔面蒼白です」とKさんは語ります。 ”認知症の男性(当時91)が線路内に立ち入り電車と接触した死亡事故で、家族らの安全対策が不十分だったとして、 JR東海が遺族らに列車が遅れ …

介護士として派遣を選ぶ?メリットとデメリットを考えよう!

派遣で働くって どんなイメージをお持ちでしょうか? 不安定・安い・派遣切り・待遇悪い・・・ 概ね、余りよろしくないイメージをお持ちですかね。 スポンサーリンク では、介護士も同じでしょうか? 意外と知 …

介護施設の入居を拒否?本人の場合や施設側から?対処法は!

入りたくても入れないのが介護施設なんて言われたりします。 事実、入所待ち〇年なんてこともザラで・・・ 指折り数えて毎日待ってる方も大勢います。 スポンサーリンク しかし逆にそんな施設に入居できるように …